忍者ブログ
第一子妊娠が発覚してからの記録
一戸建ての検討2
29週6日。結局、先日の物件の件は流れた。

どう考えても産前産後の引っ越しはムリってことはわかってもらえて、その他もろもろ厳しい条件の中でスムーズに行くなら縁あり。つまずくようならやはり縁なしという具合にまとまった、と思ったら犬も鳴かなくなり(一週間ほど鳴きわめいてピタッと止まったから、預かり犬だったのかな?)、ふたを開けてみれば購入は現実的じゃなかった。

でも「ゆくゆくは引っ越し」「二年以内に」と考えているみたいで、そのあたりでもまた喧嘩になり、イヤなこともチクチク色々言われたし、それに応戦してしまった。
生まれる前のこの時期に私が不安になるようなことや嫌だと感じることを言ったりしたりしないで欲しい。
その夜は風呂場で過呼吸、深夜に胸の痛みが突然強くなった。苦しかった…
私が呼吸をしないともちろん赤ちゃんも苦しいので、本当に申し訳ない気分。そしてその申し訳なさでまた泣けてくる悪循環。

引き継ぎ今朝から具合が悪かった。

「大丈夫?何か手伝う?」と口だけは優しく聞くけど、本当に手伝う気があるなら黙って溜まった食器を洗ってくれるとか、自分で食べた椀でも洗うとか、いくらでも出来ることはある。やらないのはその気がないから。「大丈夫?手伝う?」は「大丈夫だよね、手伝わなくても」と同義です。
ケンカ自体は長引かないし、次の日には元に戻るけど、とは言えやっぱり言い合うと体力使うし、どっと疲れる…
まだ胸の下が痛い…トイレで立ち上がるときふらふらする…

赤ちゃんごめんなさい。



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
一戸建ての検討1
29週3日。うちはペットOKのマンションなので、最近明け方、犬がめちゃくちゃうるさいです。5時台からずっと吠えてる。幸い、私は実家で動物(ネコ)を飼っていたので動物の鳴き声には慣れていて、そこまで気にならないのですが、問題は旦那さん。とてもストレスに感じている様子で、気の毒に思います。しかもうるさい時間帯が朝早くて、眠れないまま出勤しています。
でも、ペットOKのマンションを買った方が悪いと言われればそれまでです。

数ヶ月前まで、隣の部屋に、赤ちゃんが生まれたばかりの夫婦が住んでいて、(その時私は妊娠初期だったかな)、その時も相当泣き声がしていました。ほどなく引っ越して行きました。その時、「赤ん坊てこんなに泣くんだ…」と勉強になりましたし、多少うるさくても、私もいずれああなると思うと「お互い様」です。
それに、隣に線路があるので電車の音だってうるさいといえばうるさいし、騒音環境は良くないマンションではあります。

さて、旦那さん。イライラしてしまい家庭の朝の雰囲気も悪いのは私にとってもマイナスです。というか、犬に起こされた旦那さんに起こされる私。よって、夫婦揃って寝不足です。窓を閉めようがどうしようと家中に響くワンワンワンワンワンワン…(エンドレス。息つぎはいつしているのだろう。)

そして旦那さん。赤ちゃんも生まれることだし(←これは多分おまけ。一番は犬がうるさいから)、今の家を売って中古の一戸建てを買いたい、と。
私びっくり。
旦那さんに言わせると、もともとこのマンションに永住するつもりはない、売るなら早い方がいいと。

はあ…そうなんですか…じゃあ、めぼしい物件見に行きますかと、今日二件目の物件を見に行ったのでした。見に行くだけならタダだしら軽い気持ちで出掛けました。

そして、旦那さん。気に入ったみたいで、私も金額にしてはいい物件だなって正直思いました。
ただ…
にわかにわき上がる「今なの?決めるの今じゃなきゃだめ?私の体調とかおかまい無し?」という不安感…
一応、「今決めたとして、引っ越しは最短いつぐらいになるのか」と聞いたら、12月だって。臨月なんですけど。私の気持ち的にも、巣ごもり本能(出産前はなるべく巣を移動したくない動物の本能)で精神的に優しく臨月を過ごしたい…。これ女の本能。わがままじゃありません、普通の精神状態です。
もしくは、1月とか2月。って。
赤ん坊連れて生後1、2ヶ月で引っ越し…母はまともに眠れもしない時期です。
そういう会話の中で、私の不安感は増幅。(どうなっちゃうの私。コワイヨー)
「俺はいい物件と思った。あとはナオ次第。」と言われ、「時期的に、そう言うこと(引っ越しとか)考えられない」と正直に申し上げたら「じゃあ最初から内覧行かなきゃよかったじゃん」と怒られた。傷付いた。それからずーっと彼は不機嫌。ぷんすか。

ずっと不機嫌だから、もう一度話をしようとしたら「もういい。面倒くさくなった。タイミングが合わないとか言われたらおしまいだ。一生このマンションだ」的なことを言われました。
なんと意地悪を言われても、人生最大のイベントを近く控えている身で、あれもこれも考察材料を出されても、本当に無理です。察して欲しい…

でも最終的には夫婦なのだから、一心同体で、旦那さんがやるといったことに添い遂げます。家を買うぞと決めたらついて行くのだし。
ただ…だから、私がすこぶる不満なのは、少しは勉強して欲しいなー、妊婦の体のこと…なんて、贅沢なのでしょうか。



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
帝王切開について思うこと
29週2日。ある日のこと。私が、「もし逆子で帝王切開になったら、自然分娩でオマタがビリビリに裂けることよりも怖いし、不安だ」というようなことを言ったら、「帝王切開は麻酔で痛くないしラクだし保険きくから良いよ」と旦那さんが言ったことがありました。
切られる立場になってみろと思いました。
その話の出どころがお義母さんだったのでよりイラッとしました。40年も前に出産した人のコメントを浴びせるなと。

大きな手術を受けたことがある方はわかると思いますが、麻酔をして、ジョキジョキ切ってる最中、そりゃ麻酔してるんだから痛くないです。でも麻酔で痛くないのは麻酔が効いている時間だけです。いずれ痛みと対面するのです。傷だって残るし、二人目以降、自動的に帝王切開になります。一定期間子どもを生めない約束付き。
痛みがどれほどか私には想像できないけれど、少なくとも、出産で何の傷も付かず何の痛みもない人に帝王切開は痛くなくてラクだ、など言われたくないと思いました。
ラクなお産なんてないですよ。不安のないお産だってないです。

帝王切開の傷を「勲章」と言って許されるのは、実際に体験した人だけです。
緊急帝王切開になった方の不安感は計り知れませんし予定帝王切開だって、同じです。

私が妊婦じゃなかったら、「帝王切開は保険効いてラクに生める」という会話は旦那さんと普通にできたのかもしれないですが、今は「何言ってんの?」と思います。私の体何だと思ってるの?私の体は試験管じゃない!人体だ!と。
まあ、その気持ちは言いませんでしたが。笑っていたけど私も気が立っていました。

腹が重く腰が痛いなど、身体的な痛みは口で訴えられるけれど、心のこととなると急に言えなくなっちゃいますよね。
妊婦さんによるけど、私は男性のコメントには非常に敏感になりました。
旦那さんに対する期待値が高いのかもしれません。理解されたいという思いが強いです。
だけどそもそも妊婦の精神状態についてお勉強をしてくれる男の人って少ないと思いますし、無い物ねだりなのですけどね。



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
動悸・脳貧血
29週1日。何もしない状態で動悸がしました。こんなの初めてです。
胸が苦しくなって息が上がるのです。本当にしんどかったです。
胎児の成長とともに血液量がグッと増えて、お腹が大きく上に上がるからだそうです。血圧も上がるし、母体の血管、心臓にはかなり負荷がかかっているとみた。

そして、歩いたり動いたりしているときは大丈夫でも、立ちっぱなしの状態では気が遠くなる(さもすると倒れそうになる)ことがしばしばあります。実際倒れたことはありませんが。

これは脳貧血というもので、心臓ではなく脳の状態が良くないのです。
「脳に血を上げる」機能が妊娠中は著しく低下するので、立ちっぱなしだと脚のポンプ機能も効かず脳に血液が行かなくて、フッと気が遠くなるのです。
これも初めての経験でした。
ちなみに一般的な貧血は血の濃さが薄い状態ですので脳貧血とは別物です。


この時期から一番羊水が多くなり、臨月あたりでは少し減るらしいです。体、今結構重いです。
羊水、胎児、母体の血液、母乳、脂肪を含めて、7~10kg増やして生むのが理想的とのことなので、妊娠前が50kg、つわり期に47~48kgだった私は56kgくらいで臨月を迎えられたらいいなと思います。ちなみに今は54kgくらいあります。

今思うと、つわりで吐いて減った分、体重管理がラクになったので、もともとポッチャリな自分にはつわりは有って然るべきものだったのかもしれません。…と思えるようになったのは最近ですが。




ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
美容院はもうギリギリ
29週0日。昨日美容院に行ってバッサリ切りました。髪も染めました。とてもさっぱり。旦那さんの評価も上々。

ヘアカラーが気になる妊婦さんは妊娠中は自粛するみたいですが、実際、胎児に影響するほど大量にカラー材が皮膚に浸透することはないとお医者さんが言っておりました。
ただ、妊娠中は頭皮がかぶれやすいとか、色が綺麗に入らないとか、シャンプーの仰向けが辛いとか、個人差はあるようです。
それに意外と美容院って疲れるし、体力との相談といったところ。
行って思ったのが、「もうシャンプー台は無理だ」ということ。仰向けで腰が圧迫されて、最後は気が遠くなってきました。
でも、久しぶりにいつもの美容師さんと話せたり、髪切ったり染めたり出来て良かったです。

帰りの電車は無理せず待って比較的空いてるところに乗りました。




ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
| prev | top | next |
| 1 | 2 | 3 |








プロフィール
HN:
nawo
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
自己紹介:
29歳準ゆとり。
保育士で、0才児担任のワーママ。

妊娠発覚2011年4月から記録です。
切迫早産から入院→2011年12月、二時間半の超安産。
子育て中に保育士試験を受験して、保育園で働いてます。
妊娠中の記録と育児の記録、仕事の記録として、ブログを開設しました。

nawo
nawoの子ども
最新コメント
[03/08 nawo]
[03/07 ゆみか]
[02/29 おさる]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ[PR]
PR