忍者ブログ
第一子妊娠が発覚してからの記録
お金のこと
14週6日。市役所で出産一時金の詳細を聞きに行ったんだけど、本当に生むだけでお金がかかる。

今、日本の15歳未満の子どもは総数の1割程度という。
そりゃそうだ、生むにも育てるにも金かかるもんなあと痛感。おまけに保育園は少ないし。少子化は進む一方。
一応、母子手帳をもらうときに検診費用の一部を負担してくれるチケットは自治体からもらえるんだけど、いつも足が出る。自治体によるかもしれないが、優待として毎回5000円ちょっとは補助される。その上で、普通に定期検診だけしても2000円から3000円は自費。ちょっと心配事を話すと「じゃあ、診察台で調べましょう」になって、すると優待使っても自費で1万円くらいかかる。それが毎回続くとすごい金額になる。かといって心配事や不調を医者に隠すわけにもいかない。標準で14回検診を受けることになるらしい。もちろん、金額は病院によるが、私の通う都内のはずれにある産科専門病院では安い感じはない。
私は母子手帳をもらってきてくださいと指示があるまで時間がかかったので、それまでの診察は完全に自費だった。
それとは別に分娩は最低50万くらいかかる。(42万は都から産後に補助される。これは大きい。出産一時金制度と言う。)

年寄りに優しい政治より、子づくりに優しい政治を心から願う昨今である。
今せっかく結婚ブームなんだから、子ども欲しいカップルはたくさんいるはずで、タダで産み、タダで育てられるなら少子化だってどうにかなるのではと、新米ママは思う。そんな世の中なら良いのに。



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 25 | 24 | 23 | 22 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 |








プロフィール
HN:
nawo
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
自己紹介:
29歳準ゆとり。
保育士で、0才児担任のワーママ。

妊娠発覚2011年4月から記録です。
切迫早産から入院→2011年12月、二時間半の超安産。
子育て中に保育士試験を受験して、保育園で働いてます。
妊娠中の記録と育児の記録、仕事の記録として、ブログを開設しました。

nawo
nawoの子ども
最新コメント
[03/08 nawo]
[03/07 ゆみか]
[02/29 おさる]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ[PR]
PR