忍者ブログ
第一子妊娠が発覚してからの記録
嫁姑の話
31週4日。お義母さんがこちらにいらっしゃるということで、私と初!(そしておそらく最初で最後の)二人きりランチへ出かけました。(旦那さんはゴルフ)
昨日の話です。

こちらにいらした目的は
●私が入院する病院を見たい
●妊娠中に会っておきたい
●赤ちゃんのうぶ着を持ってきた(買ってくださった)

というところ。
私は前日からド緊張で睡眠不足(笑)
お義母さんも親(というかもうすぐ祖母)心で、いろいろ気になって気になって仕方ないのでしょう。
何か孫のためにしなきゃ落ち着かないのってうちの母を見ていてもそうだからよくわかります。
病院の中を案内して、カフェテリアで食事をご馳走になりました。
なんにしても感じるのですが、「私が(代金)出します」のラリーがどこで着地するのが正解かわからなくなってきます。
まあ結局ご馳走になるにしてもまるまるそれが当たり前みたいな感じは失礼だし。
ご馳走になるとわかった時点で、ヤバイ、ウッカリちょっと高いやつ頼んじゃった!日替りランチにすれば良かった!とか。
裏の裏を読んでたら自分が今何を話して何がオチかも忘れちゃって。パソコン買おうかしら、と言われて、パソコンあると便利ですよ~と呑気に答えたけど、今考えると写真のプリントアウトを遠回しに頼まれてたのかもしれません。自分にぶすぎ。
上品に食べなきゃとか気にしました。

そんなこんなでしたが、話題になるかと思って持参した、結婚パーティのアルバム(友人がくれた写真集)が助け船になってくれました(笑)旦那さんもいっぱい写ってたし、持っていって良かったです。
ただ「陣痛の時は助けに行くから連絡してね」という善意のお言葉も「私、陣痛の時にまで人に気を遣うのかぁ…」と少しばかり憂鬱に(笑)
実際、ホントのピンチの時に一緒にいて欲しいか、お義母さんの顔が浮かぶか、と言われたら、自信がない。当たり前と言えば当たり前ですが。

何か足りないものはないかと聞かれても、遠慮してしまう。これもまた当たり前と言えば当たり前で。そういう話は旦那さんとして欲しいと思いました。しかし旦那さんもまた「そういう赤ちゃんグッズのことはナオに聞いてよ」と思ってるでしょう。

自分の母にさえおねだりしにくいのにお義母さんにおねだりなんてできるわけもなく…。

そしたら帰りにPARCOの地下の食品売り場で、晩に食べるチョイ高のもの(チョリソー、生ハム、刺身、アボカドなど)を、買っていただいて(自分じゃ絶対もったいなくて買えない)、感謝、感謝。むしろ赤ちゃんグッズより嬉しいかも。(赤ちゃんの洋服はすでにたくさんあるので。)

帰り際、家まで荷物持ってあげようか?という言葉の真意にまた悩む私。(持ってもらうほど重くないけど遠回しに家に来たいってことかな?辞退が正解?持ってもらうのが正解?)とか。頭の中がグールグル。


家についたら即フトン敷いてダイブ。疲労で動けず数時間寝ました。
まあ何度もあることじゃないし、たまには疲れるくらいの緊張も良い刺激でしょうか。このかすかなストレスを何十倍、何百倍にしたら「嫁姑問題」と言うのかもしれません。

うつらうつらしながら、「赤ちゃんってすごいな」と思います。私にとってお義母さんは他人だし、自分の母と同等には絶対にならないけど、お義母さんにとって赤ちゃんは血族であり、赤ちゃんにとって、私の母とお義母さんは同等に祖母なわけで。
だからきっとお義母さんにも頼るのが礼儀かもしれないです。

なんにせよ思うのは、嫁姑がうまくいくかどうかは旦那さんの努力次第だということは確実に言えます。
旦那さんは妻の父と二人きりで買い物に行きたいでしょうか?旦那さんは妻の父とランチに行ってリラックスできますか?嫁姑の関係はその状況と同じだと、男性が心得て上手くフォローしてくれれば嫁姑関係はうまくいく気がしてなりません。



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
妊婦学級5(院内見学など)
30週6日。病院主催の軽めの産前教室へ行きました。市がやっている無料の産前教室のほか(←この前行ったのはこれ)、私の通う病院でも独自の教室があって、土曜4回コースとか、平日4回コースとか、お金はかかるけど日にちはいろいろと選べます。
私が行ったのは経産婦さん向けの一日教室で、平日だったし人数も少なくて、主に院内見学と、お産当日の流れを教えてもらうという、一番ミニマムなもの。

市の教室で知り合ったママが「病院の教室は参加者が多くてママ同士の交流はないし質問もゆっくり出来なかった」と不満げに言っていたので大して期待していませんでしたが…
行ってみて良かったです。市の教室とは違った切り口で教えてもらえたので大満足でした。

病院に直接聞きたいことって意外と多くて、電話するまでもないけど知りたい小さなことが聞けました。タオルは何枚必要か~とかね。病院で貸出してくれるものとか。

なぜ赤ちゃんは回旋しながら出てくるのか、回旋異常とは何か…回旋異常の予防は…という話も興味津々でした。
赤ちゃんは生まれるときお腹の中で母体と逆方向を向いていると回旋に都合が良く、ママが四つん這いになると赤ちゃんがその体勢になりやすいらしい(赤ちゃんは背骨を下にすると安定するため)。
昔から四つん這いで雑巾がけが安産運動とされていたのは理にかなってるということ。赤ちゃんって…ママって…頭いい…!

よく聞く「まだイキンじゃだめ!」という助産師の言葉。
まだ子宮口が開ききってないのにイキみたいと感じた時そのままイキむと子宮頸管がむくむ→子宮口の開きが悪くなる→むくんだ頸管が切れる→大出血(非常に大変)
という理由で、ゴーサインが出るまでイキんじゃいけないんだって。ほぉ…。なるほど。

子宮口とか頸管とか会陰とかいまいち場所がわからなかったけど今日ので理解できました。


何人かパパも来ていたので、助産師さんが、「穴の空いてないところからモノがギュウギュウ出てきそうなときに、サワサワ程度に背中を擦られたって腹立つだけ!思いきりガッツリ肛門圧迫してあげなさい。」って言ってました(笑)
男の人は痛そうな奥さんがかわいそうで優しくナデナデ…奥さん側は「ちがう!そうじゃないわよ!邪魔してるの?センスないわね!」
怒鳴られて凹む旦那さん。何もしない旦那さんに余計腹立つ奥さん。
よくある光景だそうで。

お産が近づくとママの集中力は非常に高くなるので、旦那さんが怒られる時もしばしばありますが、旦那さんはその日だけは合理性を捨ててください。奥さんを見守るパフォーマンスをしてください。と言うようなこともおっしゃってました。

この産院では、立ち会いの時旦那さんは産婦の頭側に立つので、あまりトラウマにはならなさそうでほっとしました。
赤ちゃん側からガッツリ見る立ち会いだと男の人はトラウマになって不能になることもあるらしい。男って…

というか、私の場合旦那さんの仕事の都合上、陣痛から出産までまるまる一人きりで生むとかあり得るんですが…苦笑
立ち会いなしで生むって結構悲しいかも…。
助産師さんには「初産は時間かかるから旦那さんきっと間に合うわよ☆」と言われたのですが、そういう問題でもないんだよね…
旦那さんは「できれば立ち会う」とどう転んでもいいこと言ってるので、こっちも期待して裏切られたときのショックは(特にお産で)かなり大きいと思うし、もう一人で生むつもりで心の準備をしております。

そんなこんなで2時間ほどの産前教室は終わりました。食事に定評のある病院なのでちょっと楽しみ!



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
定期検診6
30週4日。昨日、家に戻って旦那さんと病院へ行ってきました。私がいない間旦那さんが掃除しててくれました。部屋がキレイ!
旦那さん最初ちょっとしょぼくれてた。ゴメンネ。

近況:むねやけ、肋骨痛。出産と育児に対する猛烈な不安感。

どきどきの検査の結果、逆子直ってました。
下の方でひゃっくりしてるからきっと大丈夫だろうとは思っていましたが、ホッとしました。

BPD(頭)=82.1mm
FTA(腹)=52.2c㎡
FL(大腿骨)=55.0mm
EFW(推定体重)=1708g
今まで出てこなかったワード、今まで登場しなかったサイズなどがここにきて一気に増えました。

検査中エコーを蹴りあげるガキ大将(orオテンバ娘)で、先生にケンカを売るマイベイビー(偶然だろうけど)。「こんな暴れん坊だとひょっとしたらまた逆子になっちゃうかもしれないね」とジョークを言われてしまいました。

血液検査はしなかったけれど、貧血が懸念されるので鉄剤を処方されました。食事気を付けてるから大丈夫だと思うんだけどな…

「赤ちゃんの表情とか見れるんですか」と聞いたら
いつも検査に使うエコー(超音波)は「断面図を見るもの」であって、表情をとらえることは出来ないんですって。
表情とか性別を正確にとらえたいなら4Dエコー(別料金、自費数万円)ですって。
そうなんだ…だからいつもエコーの写真もらっても何がどこだか全然わからなかったんだ…と納得しました。いつも心臓の断面図とかそんなのばっかり。

まあ昔の人は普通のエコーもなかったんだから贅沢は言わないでおきます。

今回の検査は3週間ぶりでしたが30週以降は2週間おきの検査になります。
それだけ「もうそろそろ」になってきたと言うことですね。
バースプランを考えておくように言われました。

プリントにアンケート形式でどんなお産が良いか書くようになっているのですが、普通の質問と質問の合間に「最終学歴を教えてください」っていう謎な質問があって、プチ学歴コンプレックスのある自分としては「なんでっ!?お産に関係ある??」って思いました。笑。ほんと謎。

書いてて思ったけど、なるべく自然なお産がしたいけどその時の痛みを体験しないと薬の投与を希望するしないなんて選べないよなあ…なんて。会陰切開だってしたくないけど裂けるよりはマシだし…。そこは先生のセンスとさじ加減じゃんとか。
というか、ちゃんと現場の人は魂込めたこのバースプランをちゃんと読んでくれるのだろうか…(そこから?笑)。
と言いつつ一生懸命書いてる真面目な私。



昨日、今日で思ったこと。
夫婦仲が良かろうが胎児の成長が順調だろうが、むねやけと身体中の痛みは全然なくならない…



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
夫婦喧嘩
30週1日。昨晩はなんと一緒に料理してくれた旦那さん!洗い物もしてくれた。
結婚前はよく一緒に料理してくれたからあの時は家事が楽しかったな~と思い出がしみじみ。
今朝も、洗い物してくれた。だから朝の準備がはやくできて、久しぶりに二人で朝食をとれました。
洗濯物を干すのも、普段一人でやってると時間かかって立ちっぱなしと、腕の上げ下げがキツくてお腹が固くなって疲れてしょうがないんだけど、今朝は二人でやったから二倍速!

でも…なかなかいい感じの始まりかと思いきや、些細なことでまた嫌な雰囲気に。
私は旦那さんのもの言いが悪いと思ってて、旦那さんは私が悪いと思ってる。「俺は仕事あるにも関わらずしゃーなしに家事手伝ってやったのに何なんだ!」と思ってるみたい。
私は遊びに出掛けちゃいけない。家事手伝ってもらうようなやつは遊ぶな。カンペキにやるなら出掛けていいよ。
そんな風に感じました。

また悲しくなってお化粧も落ちちゃって暗くなって家にこもってシクシク。とほほ
いい天気で、近所のもみじ市の楽しい声が聞こえてくる。行きたいな…でもまた涙出ちゃうし…こらえようとしたら、もっともっと出ちゃうし…

やっぱり「やりたいことがあれもこれもできない」今の生活の中に「掃除、洗濯、家をピカピカに」と圧力があると突っぱねて何もしたくないって思う。
そもそも、「掃除しようと思う部屋の汚さ」のラインが旦那さんと違う気がしてならないし、私もやってない訳じゃない。トイレ掃除も、雑巾がけも、洗面所も、換気扇も、たまにだけどやってるし。そりゃもっともっとがんばる主婦も居るでしょうけど。申し訳ないけど、高いレベルでは私は家事は出来ない。働きたいんだけど今は無理。
そこらへんに喧嘩の芯がある気がします。

あと、夫婦には、なんだかんだで愛と同等にお金は重要。喧嘩して、仲直りする度にそう思います。

喧嘩はしたくないけど絶対避けられないタイミングってあるから、その都度同じことを繰り返すしかないのかも…
一人で叫び泣いて呼吸も出来なくてヒイヒイしてしびれちゃったりもするから、かなりお腹には環境悪いだろうけど。



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
強くなる胎動/妊娠後期の食生活
30週0日。赤ちゃんが右の肋骨をどうやら攻撃しているようで、これには結構びっくり。日増しに胎動が強くなっています。狭い中で無理矢理モゾモゾしてる感じが伝わってきます。
お腹に手を当てていると時々、足なのか、手なのか、ピンポン玉くらいのサイズのかたまりがぎゅうぎゅう壁を押すのがわかります。
一度、旦那さんが強いモゾモゾを感じた時、「こんな力強いの?そら痛いわ」と言っていました。

眠る前に旦那さんが手を当ててしばらくするとピクピクします。ピクピクは赤ちゃんの呼吸練習かひゃっくり。横隔膜の発達の証。
旦那さん嬉しがる…。

男性にとって胎動は不思議なものであるようです。私も、胎動ってどんなものか想像も出来なかったけど、感じ始めた頃は腸の動きに似ていて、そのうち痛くない痙攣みたいな感じになって、今では凄い存在感。

他の動物は自分が妊娠してるって胎動で初めて認識するのかしら?



さて、貧血・動悸・腰痛・頻尿が最近の不快四天王です。
貧血は、普段から貧血気味だったから仕方ないのかもしれない。
妊娠すると血液の量を水で増やしているんだって。だから血液が薄まって貧血になるわ、水分が多いからむくむわと不都合が出てくるんですって。不都合が出てくるって…人体ってよくできているような、そうでもないような。

この時期に大切なのは、鉄分、カルシウム、タンパク質だそうです。
だから最近は、切り干し大根、きな粉、豆腐、豚肉、牛乳をコンスタントに摂る。
本当は食べたくない気分の物(切り干し大根とか全然好きじゃないし)も食べる。ちょっとストレス…。
ああ好きなものだけ食べたい。

授乳中は生クリームとか砂糖、油を控えなきゃいけないので(アルコールも)、今ですらすっごく我慢してるのに、生んでからもダメダメが多いと思うと絶望的な気分になってくるね(笑)
日々を重ねていくうちに、最初は我慢できててもそろそろ「あ~!もうやだ!」ってなってくる(笑)全然慣れない。
それはしょうがないけど、しょうがないじゃんって人に言われるとムカつくし…困った困った。



ランキング応援よろしくお願いします。
読んだよクリックしてくださると大変励みになります。
ブログ管理人 nawo
応援クリック ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
| top | next |
| 1 | 2 | 3 |








プロフィール
HN:
nawo
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
自己紹介:
29歳準ゆとり。
保育士で、0才児担任のワーママ。

妊娠発覚2011年4月から記録です。
切迫早産から入院→2011年12月、二時間半の超安産。
子育て中に保育士試験を受験して、保育園で働いてます。
妊娠中の記録と育児の記録、仕事の記録として、ブログを開設しました。

nawo
nawoの子ども
最新コメント
[03/08 nawo]
[03/07 ゆみか]
[02/29 おさる]
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ[PR]
PR